困ったときのお気に入り! ネットショップ屋,Net-Shopya.com

● 楽チン!裏技 - 「 豆知識 」情報 -

快活ショッピング・モール【便利な買い物サイト】



江戸時代の数学レベルってすごく高かったの知ってますか?

・ 江戸時代前期には数学者の吉田 光由(よしだ みつよし)が中国のそろばんの本を手本にして『塵劫記』(じんこうき)(1627年)という数学の本を書いたのです。

 この本には、そろばんのかけ算九九やわり算、量の単位、利息、比例など、普段の生活に使う計算や、面積の計り方、数遊びなどをさし絵も入れて、人々が楽しく理解できるよう分かりやすく説明されていました。

・ 江戸時代中期には数学者の関 孝和(せき たかかず)が活躍しました。彼が生まれたのは,日本人が初めて書いた数学の本である吉田光由(よしだみつよし)の「塵劫記」(じんごうき)が出版されて,評判になっていたころでした。

 幼い孝和は「塵劫記」を夢中になって読み、大人でさえ頭をひねるような問題でもすらすらと解けるようになっていたのです。数学に興味をもった孝和は,自分の力で数学の勉強を始めました。

 そのころの日本では、そろばんを使ったり、算木(さんぎ)とよばれる細長い木の棒をならべたりして計算していました。しかし、そろばんも算木もこみいった計算にはむいていません。そこで孝和は,そろばんも算木も使わずに紙の上に書いて計算する筆算の方法を考え出し、1674年に孝和は『発微算法』(ほつびさんぽう)という数学の本を書いたのです。

 孝和は,円周率の計算にも興味をもち,円や球の研究も行っています。筆算の発明によって、日本の数学はめざましい進歩をとげました。孝和は、現代の数学者たちの間でも高い評価を 受けています。

 関孝和の業績の中で最も有名なものは 行列式 の研究です。 あの ライプニッツ の 10年も前に行列式の理論を発見してい ました.

 その他、ニュートンの近似解法、ニュートンの補間法、極大極小問題、不定方程式、ベルヌーイ数、円に関する計算、無限級数などなどヨーロッパから離れた鎖国の日本でこれだけのことが行なわれていたのです。

 明治になって西洋の数学が入って来てからも,明治時代の数学者たちも「江戸時代にこのような立派な数学者がいたのだ」という心の支えにまでなったのである。

・ 江戸時代後期には地理学者の伊能 忠敬(いのう ただたか)がいました。



○ 素敵な新作ドレスなどの 買い物サイト便利帳 はこちらから!!
           (品揃えが豊富なお店ばかりを紹介しています。)


○ 人気サイトの情報を 困ったときのお気に入り にたくさん掲載しています。(更新頻度:2回/月)
      (とくに印はおもしろくて楽しいので必見です!)



  以上.


【 テレビで話題の有名店から隠れた名店まで ケーキや和菓子のおとりよせ! 】

Google





困ったときのお気に入り!  □ お気に入りショッピング   □ 初めての方へ

Copyright(C) 2004 Net-Shop屋.com